ユネスコ世界遺産にも登録された古都マラッカの魅力

マレーシアには、1400年にマラッカ王国によって栄えた後に、ポルトガルやオランダ、そしてイギリスなどといったヨーロッパの国々の支配を経て、さらには地元のマレー人・華人が融合しあって形成されたマラッカという地があります。

マラッカ海峡に面する古都マラッカは、マレーシアの中でもいろいろな文化が混在している独特の文化になっているのです。

2008年にはユネスコ世界遺産に登録されたこともあり、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

マラッカの街並みを見てみますと、マレー様式の宮殿があったり、チャイナタウンの独特の建物があったり、ヨーロッパ支配の時代の砦や教会があったりなど、まさに違った文化が混在している様子が見て取れるのです。

そして、マラッカには名物となっている「ババ・ニョニャ料理」というものがあり、これもマレー料理と中華料理が混ざり合って出来た料理です。

とても美味しく、日本人でも食べやすいのでマレーシアに行ったら是非食べてみて欲しいと思います。

代表的なババ・ニョニャ料理として挙げられるものが、チキンライスボールや、オタオタという魚のすり身を笹に包んで焼いたもの、ポピアという生春巻き、ロバという豚肉を湯葉で巻き素揚げしたものなどがあります。

クアラルンプールにお住まいの方も、高速バスで2時間ほどでマラッカに行くことが出来ますから、仕事の休日などに観光で訪れてみるのもオススメです。クアラルンプールとはまた違ったマレーシアの魅力を感じられるはずです。