国王がいるマレーシアと、政治体制を把握しておこう

マレーシアは連邦立憲君主制国家で、イギリス連邦加盟国になっております。

この国の政治体制は1963年に制定されており、マレーシア連邦憲法の規定のもとおこなわれているのです。

日本とは異なるのが、国家元首が国王であるということです。

国王の選出は各州の州元首の中から選挙によって決まるとされているのですが、選挙とは言っても実情としては順番に国王となる輪番制になっていたりもします。

国王がすべてを取り仕切っているようなイメージがあるかもしれませんが、実際には首相の助言によって国王の行政権や軍の統率がおこなわれているということから、実質的な権力は首相にあると言えるでしょう。

マレーシアでの就職や転職をするのであれば、現地の政治体制についても知っておくと、現地の方々とコミュニケーションを取る際にも有益だと言えるはずです。

連邦制をとるマレーシアは13個の州から構成されていて、各州で一院制の州議会がおこなわれて立法権を握っているのです。

さて、マレーシアには連邦政府、州政府、自治体といった3つの構造になっています。

連邦政府は上院と下院の二院制、上院は各州から2名ずつの26名、そして国王から任命される44名の計70名で人気は3年です。

そして下院は小選挙区で選出される222名から構成されていて任期は5年です。

それぞれの大臣は首相によって指名され、国王が任命をおこないます。日本と異なるのは、大臣は上院または下院の議員である必要があるということです。