第三の都市コタキナバルでマレーシアらしさを満喫

マレーシアで移住生活をするとなると、まずは首都であるクアラルンプールがいちばん最初に頭に浮かぶかと思います。

ここには、日本人駐在員、現地採用の方などお仕事をされているという方、そしてそのご家族の方などがたくさん住んでおり日本人コミュニティーも形成されています。

日系企業もたくさん進出していますから、仕事を探すとなったらクアラルンプールならば求人案件も多いですから心配は要りません。

日本人学校もありますから移住してお子さまと一緒に生活するという場合でも便利ですし、日系企業のスーパーやデパートが多く、日本食レストランも数多くあります。

まるで東京にいるような感覚で生活をすることが出来て便利ではあるのですが、出来ることならばもっとマレーシアらしい特徴のある生活も経験してみたいとお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合には、東マレーシアボルネオ島にある第三の都市である「コタキナバル」もオススメです。

コタキナバルは、インフラも整備されておりますし、日常生活の便宜も十分に図られていますので、生活をしていく上で特に不便を感じるといったことは無いでしょう。

さらにクアラルンプールのような近代都市ではなくリゾート地として人気が高い場所ですから、ビーチやゴルフ、ハイキング、そしてスパなど楽しみもたくさんあります。

この地ならば、クアラルンプールとは違ってある程度ゆったりとした感覚で生活をすることが出来るはずです。